--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_05
06
(Tue)21:45

小豆島~のツーリング2泊3日(自分との戦い)

5月3日晴れ 4:15起床

今日で事故をしてから丁度6か月 この日が来るのを待ってたと言うか色々複雑な思いで昨日の晩は、ほとんど寝ていない状態でした。

こんなに緊張して楽しいツーリングなんてできるのだろうか? もしかしたらまた事故するかも もしかしたらもう、ここには帰ってこれないかもって思いとマイナス要素ばかり考えてしまうおぎん  

会社の上司にもGW「ご迷惑をかけたばかりですが、バイクで出かけます。もしも何かありましたすいません。 仕事は片づけていきますので…」っと言ってきました。

そこまでしてってバイクに乗らなければいいのにって思うかもしれませんが、やっぱりバイクが好きと言うよりも今は、負けたくないって気持ちが大きく この恐怖とこの臆病との戦いなのかも…  大袈裟かもしれないですが、事故したからやっぱり何をするのも怖くって怖くってたまらない自分が嫌なんです。こんな自分とサヨナラしたい このツーリングで少しでも私が変われたらって 

そうなの・・・

実は、私は ザクザクの性格の様にみえてとても神経質なのかもしれません。じゃなくって神経質なんですよ~ 

5月3日小豆島出発
5:10出発 

姫路港のフェリー9:40に乗りたくて 約4時間もあれば到着する予定 

栄養ドリンクを 食いっとのみ朝は、これで終わり

やっぱり出発してすぐは超緊張 なんでこんなに緊張するんやろか???

「事故せんようゆっくりいこな~ 無理するなよ~」

「うん」

鈴鹿IC~新名神 

本当は、名阪国道で行くのが安くてすむんだけど… 大阪の環状線やらを考えると安全面をとりこちらにルートで変更

久々の高速道路 

またも 緊張MAX

やっぱり高速といえどスピードは出せず ずっと左側車線を走行 何台も何台も車やバイクが抜いて行く仕方ない事故しない事が一番だ 70キロぐらいで走行中のおぎんであります。

下りの高速のカーブなんぞもっとスピードが落ち

「〇〇ちゃん もう少しスピード上げようか?? そうじゃないとつかないよ~」

「だって だって怖い 怖い

「高速のカーブなんてブレーキ踏むことなく曲がりやすくできてるんだから」

「とりあえず頑張ってみるよ~」

とま~こんな感じでもう臆病が出てきてる 情けない 情けないと自分で思っていてもなかなか緊張も取れず 

土山SAに到着 

5月3日新名神土山SA (2)
朝も早くにもうこんなに混雑している 
この交通量の多さ 人の多さにに圧倒され またもドキドキ

5月と言えどまだまだ朝は冷えこむ 
パパ様ジャケット1枚着て 私は電熱のおかげで寒さ知らず 
暖かい缶コーヒーを飲み
5月3日新名神土山SA
いざ 姫路港へ~

高速道路も交通量がすごい

おぎんはとっても車間距離をあけないと不安で

パパ様との間 車2台分ぐらいあけると途中車が入ってくる

「〇〇ちゃん なんでそんなに車間距離あけるの?? もう少し近づかないと車に入られるから 俺が心配なんですけど~」

「車間距離あけないと不安 だってもしなんかあったとき パパ様ひいちゃうかもしれへんで~」

とま~ 

途中 途中 トイレ休憩をはさみ 少しは高速も慣れてきて 100キロ近くで走ることができてきた。


看板
大山崎~宝塚 
渋滞30キロ 

と表示


30キロ

看板通り ハザードを付けてる車が何台も見えてきた
はっ~ 

「路肩走るか?? 真ん中は、危ないやろ~」

「うん 30キロは、無理やな~ 行く 路肩走る


思った以上に路肩は広く走りやすかった でも途中 途中にわだちがあり 低速だと余計にハンドルを取られてしまう。

時速20キロぐらいで路肩を走り 

「ポリけ~?? 道路に戻れ!!!」

などの支持

またいなくなったら路肩に戻り ノロノロと前へ~前へ~ 

「お前の後ろにバイク来てるな~ ぎょうさん(沢山)連れてきたな~  先行ってもらうから 道路もどりな~」

「知らんわ~私が連れてきたん ちゃうしな~ 勝手についてきたんやし~」

道路に戻るとささっ~と行ってしまった ライダー群

なんであんなに路肩やのにスピード出せるんか 私は不思議やわ~

私20キロでも早いとおもうんやけどな~

宝塚を抜け ようやく渋滞解放 

だいぶパパ様との車間距離もまともになったとパパ様が言うには…

休憩
この時点で9:10分

もうフェリーには間に合わない
次の11:15のフェリー  

のんびり行ける  

「腹減った~ お前は???」

「まったく 全然お腹が減らん」


パパ様サンドウィッチを買ってパクパク

「何か食べやなバイク運転できへんで~」

「大丈夫 緊張して胸いっぱいだわ~」

さ~ 出発 

ヘルメットの顎紐をしめるたびに えずく おぎん

「おぇ~」

きつく締めないとまた飛んでくといやでしょ~でも毎回 えずくのなんとかならないかしら???

11:00姫路港 到着

間に合うかな???

5月3日姫路港切符売場2

切符売場も人でいっぱいだ~

なかな売場まで進まない 間に合うの?? もう11:05だよ~ 

ようやく切符を購入 

急いでバイクに跨り フェリー乗り場へ~ 
初フェリーの旅
P5034561.jpg
P5034560.jpg

 
間に合った

姫路港~小豆島(福田港)まで100分 

寝れる 急いで客席に行き 場所をとるおぎん

「パパ様 ここここ」

パパ様も急いで席に座り 

おぎんはに~ 

しばらく船内をうろうろしてパパ様がいる席に戻ろうとしたら 看板「女性専用」の看板 もしかして もしかしてここ女性だけ??? 
パパ様にそのことを伝えると・・・
そそくさとパパ様退出 道理でここだけ空いてると思ったよ~
船内を見渡しても座るところがない

空いてる席は外だけ しぶしぶ外の席をとり しばらく景色を堪能
5月3日姫路港フェリーにて~3
P5034556.jpg
P5034555.jpg
いいね~ 船の旅も
「腹減った~」

「えっ~また???」

5月3日姫路港フェリーにて~1
ちくわとうどんを購入してぱくついてるパパ様

(・・・・やっぱり パパ様は、焼きそばを食べて死んじゃうよ~)

おぎんは、まったくお腹が空かない これってダイエット効果あるじゃん

おぎん ちょっと一息ついたのか眠くなってきた

それでも、外は寒い

ウトウトしつつ やっぱり寝れない

寒い

誤算でした。 寝れるはずのフェリーの中 寝ることができず 小豆島到着

5月3日 小豆島上陸

やった~ 小豆島到着した

近くて遠い 小豆島 なかなかこれなかった やっと来れた 未知の島 
今からどんな景色がまってるのか少しわくわくです。

さ~顎紐しめて 「おぇ~」 堪能しよ~  

まずは、寒霞渓(カンカケイ)に向かいます。

いきなり山道

のろのろ~のろのろ~ 2速

「お~い お前は亀か!!!??? どんだけ??? 」

「そんな事 ゆーても山道なんて久々で怖いわ~ あほかいな~ パパ様みたいに運転できへん 私の怖さなんてわからんやろ~ 」


「そっ~やな~ 俺は久々山道 気持ちええわ~ リアブレーキやぞ!!! 青馬さんのブログのコメントちゃんと読んだか??? シフトダウン リアブレーキ の順番やぞ~」


「わかってるわ!!! 読んだわ!!! 私だって練習してる そんでもなかなか癖が抜けない 山道 こぇ~よ~

それでも小豆島は、交通量が少ないのか?山道でおぎんの後ろには、車もバイクも一台もなし!おぎん的にのんびり山道を走行することができた。

小豆島最高 

次は寒霞~のブログの続きです。
明日から仕事だ~ 嫌だ


まだまだ小豆島ツー続きます しばらくよろしくお願い致します。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

C.O.M.M.E.N.T

小豆島ツーレポ(#^.^#)

しっかり走れた模様ですね(#^.^#)良かった!良かった! 早速目を引いたのはパパ様のバッグ!カッコいいです\(~o~)/収納量も多そうですね!フェリーは道中の渋滞等で時間が読めないから大変だったね(>_<)でも無事に憧れの小豆島上陸できて満足して楽しめたのではないかな?疲れもあるだろうけどバイク復帰できたのが大きな自信に繋がるね\(^o^)/続編のツーレポ待ってます(^^♪

2014/05/07 (Wed) 07:02 | 姶良の青馬 #r3QP6kNc | URL | 編集 | 返信

初フェリーで小豆島に行って来たんですね
この時期大阪から西に走るときは
ほんと渋滞でいつもスリスリしながら走るから
イヤダよね(>_<)
でも頑張って走ってフェリーで無時小豆島に到着~(^^)v
頑張っていっぱい走れたじゃないですか♪
さてさて続きの小豆島は
私行ったことないので楽しみにしています。

2014/05/07 (Wed) 16:08 | sarasara #zP5wrhHQ | URL | 編集 | 返信

いいね~♪フェリーヽ(^o^)丿

旅って感じ~(^O^)
いいよいいよ~
うらやましいな~
今回は夫婦旅行だったのかな?
ちくわおいしそう♪

2014/05/07 (Wed) 20:21 | ピら手 #sSHoJftA | URL | 編集 | 返信

小豆島ツーリングお疲れ様でした。
お互い、少しは遠い所まで行けるようになったね・・・とおぎちゃんに同意を求める私(笑)
四国ええやん、私も四国も行ってみたいよ。九州も行ってみたい。
そうなると2泊3泊だよね。また、続き楽しみにしてます。(●^Д^●)

2014/05/07 (Wed) 20:45 | あやちゃんの母 #- | URL | 編集 | 返信

おぎちゃん

小豆島行ったんだね。
小豆島は小学生の頃の修学旅行で行ったよ。懐かしい。
オリーブの木がたくさんあって、南国!って感じでいいよねぇ。
また行きたいな。

長距離、頑張ったね。
最初は怖いよ。すっごく怖いんだもん。食欲だってないよね。
よーくわかるよ。
私もさ、相当な怖がりだから、おぎちゃんの立場だったら怖くて高速とか走れないかもしれないもん。
うん、おぎちゃん、偉かったよね!

それにしても、おぎちゃん、おもしろい~
毎回おもしろすぎる~
続編も楽しみにしてるね♪

2014/05/07 (Wed) 21:17 | タマ♪ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 小豆島ツーレポ(#^.^#)

青馬さん
ありがとう しっかり走れたのかな?? 
パパ様のバック 後ろのかな?? あれね~ オークションで1万円で購入できたんの~ お安いでしょ~
革って書いてあったけど本当かなって感じです。 旅行用のカバンに購入しました。結構入りますよ(^^)
そうですね~本当に フェリーは、道中渋滞予測不可能ですよね~  フェリーに乗れたからよかったです。
頑張ってツーレポ書きますね~ いつもありがとう♪

2014/05/07 (Wed) 22:45 | おぎん #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

サラさん
初フェリーですよ~バイクではね~ 小耳にはさんだんですがフェリー乗り場って滑るって聞いてたんですがよかった晴れてて ほっとしましたよ

大阪から西っていつでも渋滞してませんか!? あれがもっとスムーズに行けたらもっと近く感じるのにな~
サラさん小豆島行ったことないんですか~ 意外だ~ 
サラさんとこからは、もっと近いですよね~ スイスイって行けますよ サラさんなら 
いい島でしたよ~ なんせ バイクも車も少ないから走りやすです。

2014/05/07 (Wed) 22:49 | おぎん #- | URL | 編集 | 返信

Re: いいね~♪フェリーヽ(^o^)丿

ぴらちゃん
旅って感じ? いい? 
もう久々 バイクでの出動だからさ~ 事細かく書いてしまいうよ~ 

今回もってかいつもバイクは夫婦旅行ですよ~ 私がまだ迷惑かけちゃうからまだまだ誰かとツーをご一緒は、無理ですね~ 

ぴらちゃんもも~すぐ お泊りツーでしょ~ 
旅は、いいね~ 旅は~ 癒されるよ~

2014/05/07 (Wed) 22:52 | おぎん #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

あやちゃんママ
こんばんは~
私は、事故してからの初めてロングツーだから本当に口から心臓が出そうなぐらい緊張したんだよ~
行けるのかどうか 心配したし~
あやちゃんママは、全然大丈夫だよ~ 私みたいに事故の恐怖がないから大丈夫!!! 
四国 いいですよね~まだまだ四国沢山回りたいところあるんですがね~ なかなかお休みが取れないですね~

2014/05/07 (Wed) 22:55 | おぎん #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

タマちゃん
こんばんは~
えっ~ 修学旅行で小豆島 なんていい学校だ~
小豆島って初めてだけどなんだかここの島だけ時間が止まってる気がしていい感じの島でした。
そうそうオリーブの木沢山ありました。 
和と洋って感じがしてとても素敵な島でした。 
私もまた行きたいです。

ありがとう 去年のGWよりも距離はそんなに走ってないんだけどね~でも自分的にのろまですが、頑張って無事帰還できたことが何よりもよかったです。
そうなの そうなの タマちゃんわかってくれる~ 怖くって怖くって不安で食欲なんてないない 
乗るたびにため息ついてさ~ 自分に勝ちたい 恐怖に勝ちたいって思ってもなかなか抜けなくってさ~ 
この気持ちは、パパ様にはわからないんだって~ パパ様バイクで事故しても乗ってた人だからさ~ 
それでも、やっぱり夫婦でバイク旅行がしたいから頑張るよ!!!

おもろいですか??? めちゃ素なんですがね~ 
喜んでもらえてホント嬉しいです。
続編 カキカキ(汗)しますね!!

2014/05/07 (Wed) 23:10 | おぎん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。