2014_04
26
(Sat)10:28

ちょっと~ちょっと~聞いてよ~

世間様は、大型連休の初日 

私は、息子のクラブを送りに朝早くからパジャマ姿で山へ 山へ~ と向かいました。
コンビニの前では、バイクの人たちが沢山 いいな~
私もこんな気持ちいいお天気に乗れたら最高なのにな~って 
でもでも、私は初心者以下のライダー まだライダーの”ラ ”ぐらいしか到達してない ライダーとは、ほど遠いですから一人では乗れません
そうそう 聞いて欲しい事がってね~

先日娘に彼氏ができたんです。
そして彼氏とはパパ様の友達 
友達は、妻子持ちでお子さんもみえます いわゆる 不倫ですよ~ 
毎日 毎日 シャワーを浴びて嬉しそうに出ていく娘をみて 怒るべきなのか 勉強だと思ってほっておくべきなのか…
母としては、悩みます 
悩んで 悩んで 悩んで 気が付いたら








でした。

よかった よかったけど… 実際にそんな事になったらって考えてしまう 母でありました。

最近毎日夢を見るんですよ~
もう一つ 



パパ様が死んじゃう夢

それがね~ なんで死んだかといいますと 焼きそばを食べて死んじゃうの
パパ様大飯ぐらいだから賞味期限切れの焼きそばを食べて死んじゃったの 
理由は、おまぬけだったけど めちゃ悲しかったよ~ 
横で寝ているパパ様の顔を見てほっと一安心しました

パパ様に死んじゃう夢をみたと伝え気を付けてねって言ったら

「なんで死んだん?」

「焼きそば食べて・・・」

「めちゃまぬけやん」

っとま~こんな感じ

後は、私がバイクに乗って滑る夢を何度も見ます。
その度にヒヤッとして目がさめます。

ほんまに最近眠りが浅いのかまか不思議な夢ばかりみます。

聞いて欲しいついでにもういっちょ!!!

話はさかのぼって
4月息子の入学式に行ってきました。
undefined_20140426094644f9d.jpg
大きくなった息子 本当にここまで成長したんだと母は、嬉しい いいんですが…

入学式 保護者席 
私の隣は誰も座りません。
皆 「隣いいですか??」とか前後声を掛け合う保護者 
えっ なんで私の隣に誰も座らない???
もしかして・・・私 匂う?? 加齢臭ただよってる??  って思っていたらようやく横に保護者が…


入学式を終え その足でリハビリに行き 先生にその話をしたら… 

「わかる~ だって怖そうだもん」

「なんでや~ 普通や~」

「どうせ 足組んで座ってたでしょ~ 腕組んでたとか?」

「してません ちゃんと椅子に深々と座ってました」

ま~怖い顔って言われて何年もやから慣れっこやけどな~

「仕事もパチンコ屋とか そんな感じでしょ~」

「事務員です 会社員です」

「あのね~人を見た目で判断しないこと あかんよ~ ほんまに~

「料理作れるの???」

「作れます」

「パンとか子供に投げて これでも食べとき~って感じじゃないの?」

「あほか!!! ちゃんとお弁当作ってます。ほとんど冷凍食品は使いません」

「へ~ すごいギャップ」

つ~か あんたの想像力の方がおかしいだろ~
この 青二才め~

っとま~ こんな感じで私は世間様に見られております。
なんでやの なんでそんなに顔が怖いんやろ たれ目メークや花柄の服を着ても顔だけはごまかせへん

皆様 顔で判断したらあきまへんよ~
心は顔に出るとも申しますが… その言葉がすべてではありませんからね!!!

聞いてくれてありがとう♪ 

さてと… また 山へ~山へ~ 行ってきます

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014_04
21
(Mon)23:19

おすねのおぎん(´^`)

こんばんは~

毎日毎日なんだか忙しいわ~

今でもリハビリ行ってますよ~ でもね~やっぱりまだまだ伸ばすのが時間がかかります。 普通の人は腕を伸ばした状態は、185℃ぐらい 私の場合はまだ165℃と言う せめて170℃ぐらいになると半袖になっても目立たないって先生がいうあと5℃なんですがね~それがなかなか伸びない 
今の傷跡は…
__ 1
__ 2
こんな感じ 肘がボコボコしててプレートが入ってるのがわかる 
プレート部分を触ると電気が走る感じで気持ち悪い感じです。
痛みは… 慣れました 


実は、おぎん すねております。

なぜかといいますと、この天気に
毎週毎週日曜日 4週にわたりお天気がよくない 曇りや雨はたまた強風とま~ 毎週ですよ毎週  もういい加減に嫌になります。

晴れてる時に限ってパパ様は、仕事と言う 皮肉

平日や土曜日は、ポカポカで気持ちいいお天気が続いているのになんで日曜日に限ってこうもま~ お天気が悪いんだ

4月20日の天気予報も/予報は12時ごろから降る予報
天気に腹立てても仕方ないんだけどさ~ けどさ~ あんまりじゃない なんでそんなにいじめるの私をって叫びたくなるよ~
20日 朝目覚めて 外をみても今にも泣き出しそうなどんよりした曇り空
多分パパ様は行かないと言うだろうって思っていたんですが、

「行くよ~」
「でも、雨が降るよ~ 滑るし 怖い」
「雨が降ったらすぐに帰ってきたらいいさ~」
「そうだね~GWまで練習もうできないし」


とま~ 日曜日練習に出かけました。

その前に土曜日の夜のお話 事故の時にクラッチレバーがいがんでとても握りにくくレバーを注文しました。
スリムレバーで以前つけているレバーよりも細め
__ 3
__ 4
__ 11
__ 10

土曜の夜パパ様に交換してもらい握った感じは前と変わらない様な・・・・
とりあえずいがみも直ったからヨシとしよう


日曜日
またまた写真が一つもないです。

空のなか今にも泣き出しそうなお天気ですがとりあえず出発
今回は、スポーツ店で購入したバレーボールのサポーターを肘にし・背中には亀の甲羅・膝は、バイク用のプロテクターをはめ出発 これだけの物をつけてるとやはり動きにくい

あてもなく出発 出発して5分ぐらいたった時 ポツポツと雨が

「パパ様~ 雨~ もう帰る??」
「大丈夫この黒い雲を抜けたらまたやむから~ 北に行こう まだ北の空は明るいし~」

と北へ 北へと進み 
パパ様が言うように雨雲を抜けると雨はやんでいた
喫茶店 モーニングを食べ また北へ 北へ~

「パパ様~どこ行くの???」
「バイクセブン」
「えっ~ また~」

しぶしぶパパ様の後を走るおぎん
また、帰り出れないよ~ でもな~頑張らないといつまでたってもでれないしな~ って思いつつバイクセブンに到着
とくに見る物もないのでパパ様の帰りを駐車場で待つ 駐車場をでるイメージトレーニングをひたすら頭の中で描いて描いて パパ様がきた 

「行けるか~??」
「うっ うん」

っとあっさりバイクセブンからの出ることができたよ~ 
今考えるととても簡単で馬鹿みたいな事なんだけどこれが出られなかった私は、とても恥ずかしいです。 
ま~一歩前進ってことで 


「次はどこ行くの?」

「ポートメッセ名古屋でイベントしているJOINTS カスタムバイクショーに行こう」
main.jpg

バイクセブンと会場は目と鼻の先  
パパ様本当はバイクセブンじゃなくココが目当てだったのね~  おぎんは、前から却下してたんですよ~ お泊りツーの前にお金使いたくないしね~ 
 
「中には入らないよ~ 駐車場だけチラって見に行こう~」
「ま~それだったらいいけど~」
 
会場に向かう途中 
空から涙が ポツリ ポツリ 大泣きになってきた

「帰ろうか~ そこでUターンできるか~?」
「うん なんとか・・・」 
「結構降ってきたよ~」 

道路がぬれてきた
それをみるとブレーキをかけるのがとても怖く またあの時の事故を思い出してきた。
あの時は、道路も乾いた状態 タイヤのヌルヌルが原因の事故?だと思ってるけどもしかして違うかもじゃ何??
ブレーキのかけ方? そんな事を思いながら 運転していて  黄色から赤信号に変わった停止線からまだ距離は十分あるのでゆっくりブレーキを握り シフトもダウン 
その時 バイクが波をうった様に揺れた またもリアルにあの時のことを思い出したよ~ 怖かった

「超 こえ~っ!!!  ぐにゅぐにゅバイクがなった 怖い!!!」
「なんで~ なんで~ ブレーキも優しくかけた シフトダウンもしたのになんで~ また滑るん?? なんでなん」
「滑ったんじゃないでしょ~ わだちじゃない??そんな速度でブレーキかけても絶対に滑らん わだちがあったんやぞ~」
「そうなん ほんまに? もうあかん また事故の事めちゃ思い出して怖くってブレーキができへん」
「道に付いてる 白線や色の付いたところってすべるんやろ~ もう、あかん考えただけで道 色でいっぱいやん」
「雨の日は後ろブレーキをなるべく使うこと ほとんど前ブレーキは、使わんでええから」

そんな事言われても私の基本は前ブレーキやもんな~ 
パパ様の言うとおりに前ブレーキを使わず 後ろブレーキを使うように練習 練習

「お~い お~い なんでお前そんなに俺から離れていくんだ~」 
「車間距離あけて走ってるんやんか~ 急ブレーキをしない様にするには車間距離を十分にあけた方がいいやろ~ 雨やし~ 」
「そっ そうやな~ 」 (パパ様にしてみたらかなりの車間距離だったのかも)
 

交換してもらったシフトレバー かなり前より軽く感じ 帰りも痛くならなかったよ~ 
レバー変えてよかったよ~

無事13:00帰宅

「GWにバイク洗車しときなよ~」
「えっ・・・  はい・・・」

家に帰り 一人でバイクを吹き吹き 事故後初めての洗車 
甘かった パパ様が洗車をしてくれると思い込んでいた私 甘かった 世間はそんなに甘くはなかったんだとバイクを吹きながら唇かみ締め吹き吹き  てか~ ケチやよな~ パパ様は 洗車ぐらいしてくれてもええのに~ 
パパ様も自分のバイクを洗車し帰ってきた~  私のバイクをみて 一言


「手 ぬいたな・・・」 


なんだよ~ まだ、腕だって治ってないんだ~い バイクが汚くても綺麗でも事故しなけりゃいいんだ~い  そんなに気になるなら パパ様が洗え~  とは、言ってませんがね~

GWのお泊りツーには、もう練習できません ドキドキの距離ですが、無事に帰れますように
 
おぎんのチキンはまだまだ続きそうです。 
__ 8

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
2014_04
07
(Mon)23:30

I am chicken(Coward)

こんちは~


4月最初のブログ


2013年11月3日の事故から調度5ヶ月
ようやくようやくここまでこれた私 長かった~
まだ、完全ではないけど週末練習しようかと・・・


週末のお仕事を終え 職場の机をとりあえず綺麗にした。
極力私物の物は片付けて週末に備えたおぎん(何が起こってもいいように・・・)


4月5日(土)
お墓参りを子供たちとした。
子供の成長報告と私の復帰の報告をしに、おじぃとおばぁに会いにいった


4月6日(日)
この日は朝 三重は、雨昼からお天気回復 ってことで練習
でも、外は風かピュ~ピュ~吹いて 
去年のブログをみると調度同じ時に風で飛ばされ将棋倒しになりパパ様のバイクと接触したんだっけ~
そう思うと 怖い! 怖い!怖い! 



父ちゃんが家にやってきた
「雨やぞ~ いくんかい?」 
おぎん「晴れたらね~ なんで??」
父 小声で「危ない!!!」
っと一言だけいって去った

 
わかるよ~ 父ちゃんの気持ち 私も一応母親だからさ~ でもさ~このわがままだけは許してほしい 散々わがまま言ってきたけどこれで諦めたくないんだ~ 


11:00頃お天気回復太陽も雲の間から顔を出してきた 
気温は、10℃ めちゃ寒い  雨上がりの風 


パパ様「どうする??」  
おぎん「行くよ~ 練習しないと GW行けないから・・・」
(ほんまは、超怖い 超緊張)
肘のプロテクター 肘のプロテクター 亀の甲羅装着 

亀の甲羅はこちら

img60930862_20140407231300a10.jpg



事故したときの格好で事故の恐怖を落ち消すためにあえて同じにしてみた。
プロテクターを付けると動きがロボット


パパ様「そんな動きにくいと余計に危ないよ~」
おぎん「プロテクターしてるから仕方ない これでナ・レ・ル・サ~」言葉までロボットになっていく


コンビにまでパパ様が愛馬を運んで跨るおぎん 
 心臓が口から出てきそうで喉は乾くは 半端のない緊張感がおぎんを襲う 
絶対にこけても駄目 怪我しても駄目 事故しても駄目と言うプレッシャーの中 運転も肘も不安 不安だらけでもう、ガタガタ震える 


「運転できそう??」 
「たぶん・・・ どこに行くの??」
「お前の好きなところでええ 痛かったらすぐに帰ろう」
「先に出発しな~ 俺がお前の後をついていくから」
行く当てもなくとりあえず出発した おぎん夫婦


「風強いから気をつけな~」
とにかく出発した時は緊張緊張で
返事も出来なかったんじゃなかったのかな??
それからしばらくして国道にでた 名古屋のバイク7まで行こうって事で目的地を設定
自宅からバイク7片道38Kの距離 38Kなんてほんとお散歩コース?ぐらいの距離が今の私には長距離感覚です。
さてバイク7までいけるかどうか???
ひたすら国道をまっすぐ進む

 
公道は、障害物だらけ わだち・坂道・カーブ・車・バイク・歩行者 まだまだ緊張が取れていないおぎん
「肩に力入りすぎ リラックス リラックス」
とパパ様から言われるんだけどやっぱり力入っちゃうよ~

アクセルの握り方を忘れてたおぎん かぶせるように握っていたら空ぶかし(ぶぉ~~~ん
そうだそうだ 自動車学校で言われたんだった~ この握り方危ないって
忘れてる 完全に初心者より初心者になっている私
クラッチレバーの離し方や色んな事が頭から消えてる 坂道発進も超緊張
そうこうしているうちになんとかバイク7に到着


とりあえず緊張のあまり喉がからからなので水分補給してちょっと休憩 
疲れた とにかく疲れた


「だめだ・・・ 何もかも忘れてる あとブレーキ踏むのが怖い またあの時の事故のように滑らないか心配でブレーキが怖い」
「頑張ったな~ ようここまでこれたやん ちゃんと走れてる 走れてる」
とは、パパ様励ましてくれるけどもう少しまともな運転ができると思ったのにちょっとショック
バイク7に着いたものの 特にバイク用品をみるわけでもなく なんだかショックで


帰りバイク7の駐車場 バイク沢山 ギャラリー沢山 発進するのは、またまた緊張 
(どうしょ~ こけたら 皆が観てると余計に緊張するんだよな~ 早くお店に入ってくれ頼む!!!)っと心の声で叫んだ 

「右にな~」 

「は~い」

「それ 左でしょ~」
 
えっ!!! 

右に曲がり駐車場の段差をみて

無理無理 あかん こんな段差たちごけする
かわった じゃ俺についてきて~ 
パパ様が先導してくれたところは、車通りがまったくないがくだり坂で1.5M幅ぐらいの狭い曲がり角 ここからバイク7の駐車場を抜けようってことでパパ様がお手本を見せてくれた。
「ちょっと狭いから大回りでおいで~」
うっ~ん
むり~ 無理 無理~ いけへん 私こんなところ いけへん 無理
「なんでや~前までこんなところこれたやろ~」
だってさ~ だってさ~ 怖いもん左腕もう痛いし 怖いもん
パパ様バイクを降り私の愛馬を引いて駐車場から脱出


情けない  ショックの上にまたまたこのことがあって凹み
ため息ばかりついていた私に
 
「しゃ~ない 徐々になれるしかない」
帰り道 クラッチレバーがすごく重く感じてきた 左手が限界 
日ごろニギニギ運動をしているにもかかわらず 左手が悲鳴を上げてる

「クラッチが重い なんでやろ~日ごろニギニギ運動してるのにな~」

「俺もや~ 左手が限界 やっぱりバイク乗ってないとあかんわ~ こんな距離で左手が痛くなるなんて… 情けない」

「そっか~パパ様も限界ならそりゃ 私が限界なら仕方ないか~」

帰りは風がもっと強くって本当に怖かったけど 無事帰宅

「よかったな~ 乗れたし バイク7まで行けたやん 良かった良かった 無事に帰れたことが一番や~」

「でもね~私 前の様にバイクが楽しいって バイクが気持ちいいってまったく思わなかったの… 怖くって怖くって仕方なくってね~ 情けないのもあるし・・・ パパ様だって疲れたでしょ~ 私と一緒に出かけるの??」 

「楽しくないってのは緊張のせい? 疲れてないよ~ でも、俺も情けなかった クラッチが握れなくなるって こんな距離でもっと鍛えやなあかんな~」

事故してからパパ様 ツーリングの誘いも断って私が治るのをまってようやく今だもんね~ 
ほんと感謝してるよ パパ様


でっ練習風景の写真は・・・っといいますと
テルテル
 
これだけ  テルテル君 私の愛馬についていたテルテル君どこかで落ちてパパ様が拾ってくれてた
真っ黒の顔のテルテル君になっちゃったよ
あまりの緊張で写真もまったく撮ってなかった 

桜も咲いてて綺麗だったのか? 私には記憶がない
次の日は両腕筋肉痛でした。
寒さは・・・購入して初めて電熱ジャケットにスイッチオンでまったく寒さ知らずで快適でした。
とま~2014年初乗り日記です。 


来年こそは、満開の桜の下で写真とりたいな~

復活できるんだろうか??? おぎん 不安は、まだまだつづく~

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。